Marc Mandel

November 20, 2020
カリフォルニア州プライバシー

カリフォルニア州消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act)について 「カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)」とは、企業の国籍を問わず、カリフォルニア州で事業を行い、(1)世界的収益が2,500万米ドルを超える、または(2)カリフォルニア州の住民またはデバイスから5万件以上の個人情報を収集する企業に対して適用される法律です。 「個人情報」には、カリフォルニア州在住の個人または世帯を特定することに利用可能な情報のすべてが含まれ、個人の特定が可能となる名前、電話番号、Eメールアドレス、IPアドレス、クッキー識別子などが、その例として挙げられます。CCPAでは、カリフォルニア州に居住する人のことを「消費者(consumers)」と呼称しています。 CCPAは、EU(欧州連合)のGDPR(一般データ保護規則)がEU圏内の個人に付与しているのと同様に、消費者に特定の「プライバシー権」を付与することを企業に義務付けています。  CCPAの要件について CCPAが適用される企業は、以下の要件を遵守することが義務付けられています。 自身の個人情報の販売をオプトアウトする権利を消費者に付与する。 消費者がこの権利を行使することは、「販売しない(Do Not ...

October 27, 2020
CCPA Compliance Vendors

CCPA Software Providers and Consultants Explained While many businesses succeed in tackling ...

September 22, 2020
Do I Need a Toll-Free Number for CCPA?

The CCPA Toll Free Number Requirement Explained Updated as of September 2020 ...